和室2間と広縁を広い洋室に(所沢市荒幡)

50代のご夫婦で2階建てのお住まいに住んでするご夫婦のリフォームを施工しました。
娘さんたちも独立し、ご夫婦は老後のことも考えて、1階だけで生活したいというご要望でした。
旧1階の間取りはリビングと和室が戸襖で仕切られ完全に別々の部屋として利用する間取りで、新しい間取りの提案は、畳の和室をフローリングに変更し、リビングと間続きにし、広縁だった部分もフローリングにして大きな空間を造るというリフォームでした。
リビングに隣接した和室は今まで客室として利用したりしていましたが、リフォーム後は寝室としてベッドを置ける部屋にしました。
リビングと寝室には、間仕切りが必要というご要望で、引き込み式の間仕切り戸を設置しました。
間仕切り戸にすることによって、お部屋を広くも使えるし、寝室としてのプライベートな空間としても利用することができます。
また、介護のことも考えて一部屋にすることで寝室とリビングの行き来がしやすくなります。
広縁だった部分をリビングや寝室の部屋としましたので、柔らかな日差しがさしこみ明るい部屋になりました。
和室のもともと床の間だった部分は機能的な収納棚を造りました。
大きな洋室の空間に生まれ変わったお部屋で、遊びに来たお孫さんたちが走り回っている風景が目に浮かびます。

 

  • 場所:所沢市荒幡
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

お見積もり依頼