増改築リフォーム・建替え

建て替えか? リフォームか?

建て替えか? リフォームか? は、目先の費用で比較できるものではありません。
構造部に大掛かりな補修が必要な場合や大幅な間取り変更が必要な場合などは、建て替えの方が希望をかなえられ長期的に見たコストは抑えられるかもしれません。
しかし、建て替えの場合、法令制限で以前の建物より家が小さくなってしまったり、廃棄物処理費用や建物登記費用などリフォームではかからない費用が掛かってしまったりするデメリットもあります。
建て替えなくても、耐震リフォームで構造部を補強し、さらに建物を長持ちさせることもできます。
しかし、間取りに制限が出たり、構造部の状態によっては建て替えとあまり変わらない費用が掛かったりすることもあります。
判断基準としては、現在の建物の状態を正確に把握し、その家にあと何年住み続けるのか。そのうえで、家族のライフスタイルや利便性を考え、今掛けるべき費用を算出すると建て替えか、リフォームかが見えてくるのではないでしょうか。

増改築リフォームや建て替えは、見た目のきれいさもさることながら、今まで問題だったことが解決されたか、不便さが解消されたかを重視してご提案しております。
建物の問題を解決し、建物の健康を維持することが私たちの仕事です。
建物の健康を維持することで、ご家族の安全・安心と、心身ともに健康な暮らしをご提供できるものと思っております。

 

既存建物の強度はだいじょうぶか?

現在の建物の強度を知ることは、増改築をするうえで最も大切なことです。
建物の強度によって、リフォームの計画は大きく変わってしまいます。
アイホームでは、耐震無料診断を行い、現在の建物の状況をお客様にお伝えすることを最初に行っております。
>>無料耐震診断のお申し込みはこちら

 

お見積もり依頼